2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

労働保険料のしくみ

労働保険料のしくみ

労働保険料は(原則として) 労災保険料+雇用保険料=労働保険料 として国庫に納付することになっております。

  • 労災保険料  全労働者に支払った賃金総額(賞与等含めた支給総額)×労災保険料率
    (事業の種類により5.0/1,000~129/1,000まで分かれており、全額事業主負担となります。さらに、一定規模以上の事業については個々の事業ごとに収支率に応じて上げ下げするいわゆるメリット制がとられています。)
  • 雇用保険料 労働者(被保険者)に支払った賃金総額×下記事業に係る料率(平成24年4月改定)
事業の種類 保険料率 事業主負担率 被保険者負担率
一般の事業 13,5/1,000 8,5/1,000 5/1,000
農・林・水産・清酒製造 15,5/1,000 9,5/1,000 6/1,000
建設の事業 16,5/1,000 10,5/1,000 6/1,000

保険年度の初日(4月1日)において満64歳以上の被保険者である労働者を使用する場合は、事業主及び被保険者負担分の保険料が免除されます。(ただし、短期雇用特例被保険者・日雇労働被保険者・平成元年3月31日までに任意加入の許可を受けた高年齢継続被保険者は免除の対象になりません。)

被保険者負担分の控除方法

平成17年3月31日をもって、一般保険料額表(雇用保険)が廃止されましたので、平成17年4月1日以降の被保険者負担分の控除については、以下のとおりお願いします。
(1)賃金総額 × 被保険者負担率 = 控除額

被保険者負担額の端数処理
上記(1)により計算し、1円未満の端数が生じた場合は、以下のとおり取り扱ってください。
ただし、労使の間で慣習的な取扱い等の特約がある場合は、この限りではありません。

雇用保険料を控除した後、賃金を支払う場合
・50銭以下は切り捨て、50銭1厘以上は切り上げとする。
例えば、建設業に働く方で支給総額が243,500円の場合
243,500円×(9/1000)=2191.5円  控除額2,191円

賃金を支払った後、雇用保険料を現金で徴収する場合
・50銭未満は切り捨て、50銭以上は切り上げとする。
例えば、建設業に働く方で支給総額が243,500円の場合
243,500円×(9/1000)=2191.5円  控除額2,192円

筑後商工会議所へのお問合わせはこちら
商工会議所を知ってもらうキャンペーン ザ・ビジネスモール 地域資源∞全国展開プロジェクト 「創業塾」「経営革新塾」体験講義ムービー チャンバーウェブ 中小企業PL保険制度 個人情報漏えい賠償責任保険制度 全国商工会議所の休業補償プラン 環太平洋パートナーシップ(TPP)協定交渉 日本容器包装リサイクル協会 福岡県事業引継ぎ支援センター フクオカベンチャーマーケット協会 創業をお考えの方へ 福岡県産業デザイン協議会 福岡アジアビジネスセンター 日本政策金融公庫 調査月報