新たな加工食品の原料原産地表示制度のお知らせ

 2017年9月に食品表示基準が改正・施行され、経過措置期間終了後、本年(2022年)4月から、国内で作られるすべての加工食品に原料原産地表示を行うことが義務付けられます。
 こうしたことから、農林水産省では、この原料原産地表示をはじめとする原材料等に関する表示を適切に行う取組みを支援するため、中小の食品事業者を対象に、製造工程の各段階において管理するポイントや、ヒューマンエラーによる表示ミスを自らチェックする際のポイントを解説したテキストおよび動画を作成し、農林水産省Webサイトで公開されました。

詳しくはホームページをご覧ください。

チラシはこちら

お問い合わせ
農林水産省 消費・安全局消費者行政・食育課
トレーサビリティ企画調整班
TEL:03-3502-5716


2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページの先頭へ