DX取組状況を可視化する診断ツール「DX推進指標」および自己診断結果の報告に関するご協力のお願い(経済産業省等)

 デジタルトランスフォーメーション(DX)の取組み状況を可視化する簡易な自己診断ツール「DX推進指標」のご活用をご案内いたします。
 また、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)への自己診断結果のご提出もあわせてお願い申し上げます(詳細は「自己診断結果の提出先(IPA)について」を参照ください)。

 診断結果をご提出いただくと、おって自社での自己診断結果と、我が国全体におけるDXの取組状況との比較が可能なベンチマーク(2022年度版)が提供されます。この分析結果を活用することにより、自社と全体との差を把握し、次のアクションを検討することなどができます。
 また、IPAでは診断結果を取りまとめ、全体の経年変化や、企業規模別の特徴、DX先行企業の特徴等を明らかにする分析レポートを毎年作成、公表しております。レポートの信頼性向上を目指すためにも、可能な範囲でご協力いただきますようお願い申しあげます。

●自己診断フォーマット
 自己診断は、以下の「DX推進指標とそのガイダンス」をご確認の上、「自己診断フォーマットver2.3」をご利用ください。
 
 ○DX推進指標とそのガイダンス 
 ○DX推進指標自己診断フォーマット ver2.3

●自己診断結果の提出先(IPA)について
 診断結果の収集と分析を行うため、下記のページより診断結果を登録いただきますようお願いします。

 ○IPA DX推進指標 自己診断結果入力サイト  ※提出期限:10月31日(月)

 ※次年度事業計画の検討に資するベンチマークの速報版を11月中頃に公開する予定であるため、締め切りが設定されております。
 ※本期限後においても、自己診断結果の提出およびベンチマークの提供は引き続き実施されます。

●ご参考
(1)デジタル経営改革のための評価指標(「DX推進指標」)
 https://www.meti.go.jp/press/2019/07/20190731003/20190731003.html
 ※DX推進指標の概要について詳しく掲載

(2)産業界におけるデジタルトランスフォーメーション推進施策について
 https://www.meti.go.jp/policy/it_policy/dx/dx.html

(3)DX推進指標 自己診断結果 分析レポート(IPA、2021年版)
 https://www.ipa.go.jp/ikc/reports/20220817.html

【問い合わせ先】
(本施策全体について)
 経済産業省 商務情報政策局 情報産業課 DX担当 沖藤、清水
 TEL:03-3501-6944
 MAIL:softsitu-jimu@meti.go.jp

(IPAの自己診断結果入力サイトおよびベンチマーク・分析レポートについて)
 独立行政法人情報処理推進機構 社会基盤センター DX推進指標担当
 MAIL:ikc-dxpi@ipa.go.jp


2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
ページの先頭へ