会社・法人の変更登記についてお知らせ【法務省】

 商業 ・法人 登記制度は、会社等に関する一定の事項を登記簿に記載して広く一般に公示し、会社等に係る信用の維持を図るとともに、取引の安全と円滑に資することを目的とした制度です。会社等の登記事項に変更があったときは、2週間以内に、管轄の登記所において変更の登記をする必要があります。この手続を怠った会社・法人の代表者は、裁判所から100万円以下の過料に処されますので、忘れずに登記申請を行ってください。
 また、12年間登記をしていない株式会社、5年間登記をしていない一般社団法人・一般財団法人については、「休眠会社 ・休眠一般法人の整理作業」により、必要な手続を行わなかった場合は 解散したものとみなされ、職権で解散の登記がされますので、御注意ください。
(2023年度においては、2023年12月12日(火)までに必要な手続を行ったときは、みなし解散の対象外となります 。詳しくは、「令和5年度の休眠会社等の整理作業(みなし解散)について」を御参照ください。

○「休眠会社・休眠一般法人の整理作業について」(法務省HP)
https://www.moj.go.jp/MINJI/minji06_00082.html

○「令和5年度の休眠会社等の整理作業(みなし解散)について」(法務省HP)
https://www.moj.go.jp/MINJI/minji06_00083.html

○「役員の変更の登記を忘れていませんか? 再任の方も必要です」(法務省HP)
https://www.moj.go.jp/MINJI/minji06_00091.html

○忘れないで! 会社・法人の登記(PDF1.02MB)
リーフレット

 このお知らせに関するご質問等がございましたら、お近くの法務局までお問い合わせください。法務局の所在地・連絡先については、以下のリンク先を参照してください。

○「管轄のご案内」(法務局HP)
https://houmukyoku.moj.go.jp/homu/static/kankatsu_index.html


2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページの先頭へ