正規雇用労働者の中途採用比率の公表について

令和3年4月1日から常時雇用する労働者数が301人以上の企業において正規雇用労働者の中途採用比率の公表が義務化されました。

常時雇用する労働者※1が301人以上の企業は、求職者が容易に閲覧できるかたちで「直近の3事業年度※2の各年度について、採用した正規雇用労働者の中途採用※3比率」を公表することが必要となります。公表は、おおむね年に1回、公表した日を明らかにして、インターネットの利用やその他の方法で行います。

※1 「常時雇用する労働者」とは、雇用契約の形態を問わず①期間の定めなく雇用されている
   者、②過去1年以上の期間について引き続き雇用されている者又は雇入れの時から1年
   以上引き続き雇用されると見込まれる者、のいずれかを満たす労働者を指します。
※2 「直近の3事業年度」とは、事業年度における正規雇用労働者の採用活動が終了し、正
   規雇用による中途採用者の状況を「見える化」することができる状態となった最新の
   事業年度を含めた3事業年度を指します。
※3 「中途採用」とは「新規学卒等採用者以外」の雇入れを指します。

詳しくはコチラから


2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページの先頭へ